トップページ > 製品情報 > 自吸原理

自吸原理(自吸式ポンプ)

   

HD−SFV型

@呼水時及び停止時

A始動時

注水口より、水または使用同液を注水して、ポンプケーシング内を満水にした後、始動させます。
(呼水は初回のみとし、次回よりは、サイホンカット作用により自吸に必要な液は残留します。)
ポンプを始動しますと、ポンプ内の液は、インペラーにより、渦巻室から吐出室を経て気水分離室に流れ、気水分離室の下部にある自吸水循環口より、インペラー部分にジェット状態で液が再び入ります。又、一部の液は、サイホンカット穴より吸込室側へ噴出し、サイホンカット穴を水封します。

B自吸中

C自吸完了

前記述Aの液の連続的循環により、インペラー中心部に吸引力が発生し、吸込管内の空気を吸込み、循環液と共に気水分離室へ送り出され、気水分離室にて比重差により、軽い空気は吐出管側へ排気され、重い液は落下して再び循環液となります。この繰返し作用により吸込管内は空気が排気され徐々に真空状態になります。 吸込管内の空気が排気され真空が増すに従って、液は徐々に上昇し、ポンプケーシング内に液が入ると自吸完了となり、ポンプは揚水を始めます。

製品情報

詳細情報